山吹会 公式サイト
山吹会は    
   
  都立新宿山吹高等学校 保護者(並びに保証人)のための会です
 
 ◆ 山吹会の歴史
 
 
 平成3年4月

 都立新宿山吹高等学校開校
 

 平成3年5月

 PTA設立有志の会 十二名で発足
 ◆設立主旨
   ・既存のPTAの発想にとらわれない、保護者の会
   ・保護者を主体として、保護者全体で、企画運営していく会
   ・悩みを持つ保護者が、話し合える機会を提供する会
   ・学校に数多くこれる機会を提供するための会
    ・・・ 学校の様子がわかる様に ・・・

 単位制高校にあった保護者会の組織の必要性
 ◆特徴
   ・保護者(保証人)だけの会である
   ・定時制、通信制合同の会である
   ・委員は自主参加である

 平成3年7月

 設立準備委員会発足
  ※校内施設見学、先生方と懇談会を開催、以後設立総会まで十回の
    委員会を重ねる。

 ◆委員会
   10時すぎまで意見を交わしたこともあり、又意見の違いを、カラオケ・
   ボックスで交わしたこともあった。

 平成3年11月

 開校記念式典
  ※この時保護者代表として祝辞を述べる
    以後、学校式典には保護者代表として出席して、祝辞を述べるように
    なった。

 平成4年2月

 設立総会

 平成4年3月

 入学予定者説明会において新委員の募集

 平成4年6月

 平成四年度山吹会総会・講演会

 平成4年11月

 バス研修旅行
  ※この旅行が、現在の交流会の布石になる。

 平成4年12月

 山吹祭に初めて参加

 平成5年2月

 広報誌「やまぶき」創刊
  ※広報誌はこれ以降、年に1〜2回のペースで発行を継続してきています。

 平成12年12月17日

 山吹祭当日、 「新宿山吹高等学校の十年間の実践を統括し、高校教育の
 現状と課題及び高校改革推進計画をふまえ、今後の新宿山吹高等学校の
 あるべき姿を探る」 ことを目的に、3F大会議室で 「いままでの山吹 ・ これ
 からの山吹」 と題したシンポジウムが学校主催で開催されました。
 山吹会からも清水前会長が参加されました。

 平成12年以降は年1〜2回の広報誌の発行を継続し、月1回の懇談会、春または秋の
 交流会、山吹祭へのバザーでの参加、講演会の企画 ・ 開催等も継続して現在に至って
 います。


 実は、今回山吹会の歴史を記載するにあたり、調べた資料の中に、平成8年に、設立から5年間の歴史を綴った小冊子
 がありました。
 (そのおかげで、設立の経緯を上記のように詳しく記載する事ができました。)
 その最後のページに、 「山吹会がいつまでもつづくことを願って・・・」 という一言を見つけた時、任意の会であるがゆえの
 難しさと、その中で善意の輪を積み重ねて来られた諸先輩方の 「徳の深さ」 と 「純粋な思い」 のチカラが今日まで、この
 山吹会を支えてきたのかもしれないと改めて感じました。


 平成27年、新宿山吹高等学校は
               24周年を迎えました。